New Year Trip

2015/01/08
旅行: chemin faisant 0
九州はまた別の機会にして今回は三重、岐阜、愛知、京都、滋賀の旅になった。旅を通して歴史ある物を見ていつも思っていたのは、昔の人はここにどんな思いで立っていたのか、ということ。子供の遊び場であったかもしれない、近所の憩いの場であったかもしれない、何か重要な話があったかもしれない、辻斬があったかもしれないなど。観光地のような昔の人の遺産で今の人が食べて行けるのはありがたいこと。古い物を見て感覚的にいいなと思えるかどうかは、人付き合いや相性で大きな基準になる。

旅を通して気になったのが、インターネットで情報は容易に手に入るけど、何かを見つける能力や雰囲気を感じ取る感覚は退化している、ということ。ただ、見つける能力はその土地の人と会話することで補うことができる。旅をして楽しいのは新しい発見だけではなく人と話すこと。思いつきの旅行だったが長らく会っていなかった友達にも会えたし自分の原点に帰った気がした。

伊賀上野 ★忍者屋敷は次回
伊勢神宮 ※おかげ横丁
美濃 ※うだつの町並み、八幡神社 ★和紙は次回
郡上温泉 ★町の散策は次回
一宮 ※真清田神社、尾張猿田彦神社
貴船神社 ※雪の日のライトアップ
哲学の道
銀閣寺(慈照寺)
法然院
南禅寺 ※水路閣、京都一周トレイル
蹴上インクライン ★伏見インクラインは次回
金閣寺(鹿苑寺)
琵琶湖
彦根城 ※ひこにゃん
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.
旅行: chemin faisant