道まかせ

自転車をキレイに見せる方法

2015/03/24
その他 0
見せ方 写真の撮り方
自転車の楽しみ方は人それぞれ。好みも十人十色。他人の評価なんてどうでもいいですが、シクロワイアードの記事を見て感じたことを少々。曇りの天気で行われた写真撮影なので比較するにはもってこいの好条件。

神宮外苑クリテリウムに集まった大学生達の自転車事情
「男子大学生編」
「女子大生編」

ああ、こうしていると綺麗に見えないな(右横から)と思った点:

[ステム周り]
ケーブル類の色、メーターがステム上に付いている

[ハンドルバー]
黒以外のバーテープ、もしくは使い込まれた白系のバーテープ

[サドル周り]
くたびれたサドル(色あせは大丈夫)、サドルに付けたサドルバッグ

[足回り]
前後が異なるホイール、フォークに取り付けたスピードセンサー(GPSのみか左側チェーンステー取り付けがいい)

女性の自転車は年式は別にして綺麗。男性の自転車は何とも。女性のお洒落の動機が「一番かわいい(良い)状態を見せたいから」と言われた時になるほどと思った事を思い出した。自転車も身に付ける一つの物と考えるならその清潔さも納得する。

ついでに自転車の撮影フォーマットと言われる見せ方は下記の通り:

①ギアはアウタートップ(前後ギアを一番外側にする)
②前後ホイールのバルブは一番下で揃える(もしくはロゴが見やすいようにする)
③クランクアームはシートチューブに沿わせる

ただ、③については最近チェーンステーに沿わせる、もしくはシートチューブとチェーンステーの中間位置にする場合がよく見られる。カメラは何でもいいけど、車体から離れて望遠で撮れば背景がボケてそれっぽくなる。その背景もボケていい具合になるのとそうでないのとあるので、色々試してみるといい。
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.
その他