道まかせ

新企画の下見

2013/09/04
下見: recon 0
今月はレースがあるのでほぼ毎日自転車通勤しています。行き帰りで少し遠回りするだけですが月間1,000km程度走ります。普通の会社勤めでこの距離を走るとなれば走行時間の捻出は大変でしょう。走りの質や運動強度を上げれば多くの時間は必要ないかもしれませんが、始めのうちは単純に走った時間や距離がそのまま走力に繋がっているかと。そう思うのはたくさんのお客さんを見ての感想です。

今月はレースの他に新企画がありまして、トライアスロンの練習会を行います。一般的にトライアスロン練習会は早朝のスイムに始まって、バイク、ランと競技の順番通りにこなしますが、とりあえず競技志向という方向性はあるものの練習会の数をこなしながらこの企画を形にしていこうと考えています。私自身もスイムとランはこれから取り組む予定です。

天気が不安定なので終日車で移動。

MtTKB-01.jpg

平日でしかも天気が良くない観光地は閑散としていますが、たまには静かな環境に行って体調を整えたいのでありがたい。職場の有線もせめて環境音楽を流してくれればいいなと思います。どのチャンネルも◯ソな音楽ばかりで参ります。

MtTKB-03.jpg

つつじヶ丘のロープウェイがある駐車場は有料なので少し下った所に車を停めて歩いて移動します。午後3時を回っていますが何だか早朝のような雰囲気です。

MtTKB-02.jpg

筑波山登山コースはこちらのサイトを確認。詳細マップ(PDF)はこちらを確認。私はつつじヶ丘から筑波山神社までの「迎場コース」を歩きました。

MtTKB-04.jpg

道は非常に整備されているので普通の運動靴で歩けば問題ありません。起伏も緩やかなのでここなら毎日散歩をしてもいいと思いました。途中には水場もあるし。

MtTKB-05.jpg

下りは途中途中で写真を撮っていたので所要時間は30分。歩きなのでランになればもっと早いでしょう。

MtTKB-07.jpg

筑波山神社までたどり着いた頃にはすっかり暗くなって、練習会当日に自転車を停めさせてもらう予定の神田屋は店じまいをしていました。後日電話問い合わせです。ちなみにこの店を選んだ理由がここの若女将とお客さんが知り合いだから。

後は帰るだけ。行きの下りは誰とも会いませんでしたが、帰りの上りも全く会いません。必要な写真は撮ったので休まず一気に登ります。用意した傘の出番が全く無かったのはありがたい一方、湿気を溜め込んだ空気の中を歩くと全身から汗が吹き出します。行きに見つけた水場で生き返る。京都の山奥でも体験したなあ。所要時間は行きと同じ30分。

MtTKB-08.jpg

つつじヶ丘の駐車場に着いた時にはご覧の有様。何だか悟りを開きそうな。いや普通に内観しますか。車のある場所までしばし考え事をしながら歩きます。自転車だと車より考えられる時間はありますが、それでも足で歩く方がもっと落ち着いて物思いにふけることができます。ということで新企画の下見に来たら心の平静を取り戻したという終わり方でした。
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.
下見: recon