道まかせ

3/23(土) 予定外のつつじヶ丘

2013/03/24
当日 0
未掲載の写真を使って当日の様子を。

筑波山を遠くから
この日も自走で参加しました。毎朝通勤ルートには筑波山が正面にどーんと見える場所があって、空気が澄んだ日ははっきり見えるので気持ちがいい。しかし今日はどんよりした感じ。

ペデストリアンデッキ(遊歩道)の桜はこれから。と言うことで不動峠の始まりまでの移動中は省略。

坂の登り方は軽いギアでペダルをくるくる回す。一番軽いギアで対応できない場合は更に軽いギア(カセットスプロケット;12-30とか)に交換する方法もあります。コーナーでは勾配が急であるなら距離が短くなる内側よりも外側を走る。同じ坂を何度も登ると道も分かって所々の加減も分かるため精神的にも楽になります。山が苦手であれば平地を走り込んで鍛えるのもいいと思います。

坂はひとたび登りだせば休まない限り足にずっと負荷が掛かります。平坦であれば足を止めて惰性で走れますが坂はそうはいかない。足がつりそうだと感じたらギアを軽くするか回転数を落とすしかないと思います。足がつる直前は、ふくらはぎが多いですが、つりそうな所がケイレンし始めます。もしつってしまったらその箇所をゆっくり伸ばします。痛くてそれどころでなければしばらくマッサージでもして落ち着くのを待ちます。

セイコマート
裏不動からの道と朝日峠から道がぶつかる信号のある交差点からセイコマートまでのフルーツラインは見通しのいい直線道路。しかも適度な起伏があり、下りや平坦で速度が乗れば一気に上りを勢いで走り切れます。飛ばして飛ばして飛ばしまくりましょう。この日はイチゴのいい香りがしていました。

ゆりの郷
セイコマートで十分な補給と休憩をしたら一旦ゆりの郷(新しいウィンドウで開きます)を目指します。筑波山の北側を中心に走りたい方はここに車を止めるといいです。走り終わった後は温泉や食事をしてしっかりお返しを。この辺りの雰囲気は好きで夏の夕暮れ時に走って「カナカナカナ」というひぐらしの鳴く音を聞くと気持ちいいだろうなと思います。しかし家で聞くとやかましいな(笑)

さて、予定していたコースは湯袋を登って風返峠まででしたが、ソフトクリームを食べたいというリクエストが入りつつじヶ丘まで足を伸ばしました。下りの心構えで休憩を終えようとしていた時の上りなので何も考えずに一気に登り切りました。富士見橋で景色がきれいだなって0.3秒くらい思って、駐車場まで◯.◯kmという看板をチラ見してサササッと。

つつじヶ丘
ソフトは食べずにクエン酸入りの水を飲んで休憩。そして下りは寒い。下りの事故だけは避けたいので最後尾で走ります。道が分かる方は麓の筑波駅まで一気走り。自転車で山を下る場合、時に乗用車以上の速度が出ます。普段出したことない速度に驚いて「怖い」と思っても、ブレーキを掛けなければ減速しません。怖くなってからだと体も緊張してブレーキ操作を上手くできません。冷静な内に減速しましょう。

走ると悩みや疑問が次から次へ出てきます。最後は自分で解決するのが最良だと思います。私はきっかけ程度の一言しか書いていないので鵜呑みにはしないようにお願いします。
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.
当日