道まかせ

好きなこと、得意なこと

2014/03/08
音楽: music 0

自転車店に勤めていると自転車が好きで好きでたまらないと思われています。時間に換算すれば結構な時間を自転車に割いているし、お金に換算すれば相当使っています。でも、本格的な自転車について言えば片手年数くらいしか接していませんし、たぶん今自転車を取り上げられても困らないかもしれません。

自転車の世界は自転車店に飛び込めば体験することができます。敷居が高いと思っていても店の扉を開けさえすればいいだけです。私も初めてお客さんとして店に入ったその瞬間は少し緊張していましたが、店員さんと話しているうちにいつもの自分に戻っていました。

私がかつて居たテレビの世界はそれとは違っていました。その世界にはどうやって入っていいのか全く知らなかったし、そこでは知識ゼロの状態だったので見るもの聞くもの全てが新しい経験でした。初めての編集スタジオで出来上がった初めての作品の映像と音楽を目の前にして涙を流した感動は今でも忘れられません。

編集中は完成の過程を見られるはずですが、私が慕うディレクターとお喋りしていてADの仕事を全然やらなかったのでいつの間に完成した感じでした(笑) そして編集が終わった時に直属のディレクターにしばかれました。殴られはしませんでしたが怖かったのを覚えています。

最近クリープハイプのDVDを見て映像っていいなと改めて思いました。4つのストーリーの最初と最後は少し冗長ですが、中の2つはテンポが良くて見ていて気持ちがいいです。音楽に乗せた映像は特に歌詞の内容が情景と重なるとしびれます。

CHYP-01.jpg
『自分の事ばかりで情けなくなるよ』

自分が好きなことって何だろうと自分に問いかければまず映像制作。下調べしてロケに行って素材を集めて編集して音やテロップを入れて完パケにして。情熱全部を制作に注ぎ込むその瞬間がいつまでも続いて欲しいと毎回思います。現実的には時間や予算の制約がありますけどそれらに縛れていても魅力は全く損なわれません。

仕事抜きで作った友達の誕生日用の特番や同僚をネタにしたドラマを見返すと楽しい制作時間を思い出します。その特番をその女性のバースデーパーティーで見せたら大泣きしていました。協力してもらったレポーター役の女の子が「○○さんは絶対泣くよ!」と言っていましたがその通りになりました。たくさんの人に登場してもらってみんないい笑顔でした。

来年は方向転換する。やっぱり自分に正直になろう。
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.
音楽: music