道まかせ

黒人の話など

2014/03/18
販売: sales 0
友人がナイジェリアでマイクロファイナンスのプロジェクトに関わっている。そこでの銀行は利用者が身なりなどで差別されるために誰もが気軽に利用できず、結果的に銀行は裕福な人のものとなってるとのこと。そのため銀行に行けない貧困者に対して携帯電話を介して取引を行う方法が生み出され、それを軌道に乗せることが彼女が関わっているプロジェクトというわけだ。

そして仲間内でアフリカに行こう!という話が出てきた。ただ旅費は別にして日本とアフリカの距離が問題。必要な日数は軽く10日間。今の仕事ではそんな有給を取るのは至難の業。辞めたら楽勝なんだけど。あ、辞めりゃry そんな事情もあってかアフリカのことが少し気になっている。以前も全然別の友人がアフリカに行きたいと行っていたり、これまた別の友人がフランス海外県のレユニオン島に住んでいたり、アフリカは案外近い存在なのかもしれない。

そして本日久しぶりに黒人のご来店。手に持つハナマサの買い物袋がシュールだが、声を掛けみたら日本語を話すそぶりを全く見せない。いいマイペースだ(笑) 声は低いトーンで英語は非常に聞きやすい。英国英語。アフリカは公用語=仏語という印象が強いけどナイジェリアのように(事実上の)公用語が英語という国もある。彼の出身地を聞かなかったがまた来るよと言っていたので次は全開のお喋りをしてやろう。
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.
販売: sales